犬・猫・うさぎの専用個室型ペットホテル『ケージレス』と有資格者ペットシッター|東京・埼玉・神奈川

犬・猫専用個室ペットホテル|東京・埼玉・神奈川・埼玉・名古屋・京都

1日1家族限定で犬・猫広いスペースの個室をお貸しすることにしました。夜間、無人になることが多いペットホテルとは違いシッターが待機しており、何かあればすぐに対応できます。【東京・神奈川・埼玉・川崎・大和・横浜・茅ヶ崎・藤沢・平塚・大磯・鎌倉・名古屋・京都】

ペットシッターやペットホテルではない!新しいペットお留守番サービスとは?【茅ヶ崎・藤沢・平塚】

ペット緊急時駆けつけサービス『わんにゃんコール』という、新しいペットお留守番サービスが湘南地区(茅ヶ崎市・藤沢市・平塚市)よりサービス提供開始されました。ペットホテルやペットシッターと、どう違うのか調べてみました。全国拡大予定の今注目のサービスです。

Manchmal könnte ich schmelzen


ペットホテルやペットシッターとの違いは?

ペットホテルとは

ペットホテルは、ペットを施設に連れて行って預かってもらうサービスで、主にペットショップ、トリミングサロン・動物病院と併用されていることが多いです。 ケージに分けて預かるタイプや、同じ部屋でケージフリーで預かるタイプなど、ペットホテルでも色んなタイプがあります。 タイプによって料金が変わってくることがほとんどです。1泊2日のお預かりで5,000円〜7,000円が平均となります。1泊3,000円と掲示していても営業時間内に引取りに行けなければ追加料金になったりして上記の金額になることが多いそうです。個室に1匹で預かるタイプだと1泊1万円を超えることもあります。

ペットシッターとは

ペットシッターは、自宅にペットシッターさんがお世話に来てくれます。ペットの食事や散歩、トイレなどを世話してくれます。その他、簡単な家事代行までして頂けるシッターさんもおります。ペットホテルなど環境が変わることで不安やストレスを感じてしまうペットも、安心していつもいる自宅でお留守番することが可能です。 1時間単位で依頼するところが多く、長期間留守にする場合は、1日2回などお世話を依頼することも可能です。 シッティング代金は1時間2,000円〜3,000円程度が多く、多頭飼いや大型犬などは料金アップとなります。それ以外に、交通費やカルテ作成料など別途必要な場合あります。

ペット緊急時駆けつけサービス『わんにゃんコール』とは

わんにゃんコール

どんなサービス?

ペット駆けつけサービス『わんにゃんコール』は飼い主さんがご自宅に設置したペットカメラでペットを見守り、万が一何かあった場合にわんにゃんコールのスタッフが飼い主さん代わってご自宅に駆けつけてくれるサービスになります。ペット一人で留守番させる状況といえば、仕事中や旅行、冠婚葬祭などすぐに自宅に帰れない状況が多いと思います。ペットカメラで異常を発見してもすぐに駆けつけることが出来ない飼い主さんには心強いサービスとなります。

ペットカメラはどうするの?鍵の管理方法は?

ペットカメラはレンタルで基本料金込で年間7,800円(キャンペーン価格)で利用できます。また、ペットカメラの設定と設置はわんにゃんコールのスタッフが行ってくれるので面倒な設定などしなくていいので利用しやすいのではないでしょうか。市販のペットカメラは素人には設定が難しい機種もあります。

鍵を預けないといけないですが、大手セキュリティ会社が採用してる鍵の預かり方法を採用しています。目の前で袋に利用者のサイン付きで封印して頂けます。利用する時に封印した袋を破ってご自宅に駆けつけます。通常はセキュリティ付きの金庫に保管されており、金庫の開閉も会社の管理者以上しか開閉出来ないよう管理し、勝手にご自宅に入ることが出来ない仕組みを採用しております。

どんな時に駆けつけてくれるの?

例えば、ペットカメラ見守り中にいつもと違うあきらかに調子が悪いなど怪我や病気の可能性がある場合、ペットカメラには温度センサーがあり夏場などエアコンの故障や停電で急に室温が上がることで熱中症の危険を事前に察知した場合、その他渋滞やトラブル等で急に家に帰れない場合にごはんをあげて欲しい場合に利用されることが想定されます。駆けつけるスタッフはペットの救命救急の講習を受けたスタッフが24時間365日駆けつけてくれるので安心できるでしょう。命の危険にさらされている場合には動物病院に搬送してもらえます。

 緊急時駆けつけるペット見守りサービス「わんにゃんコール」

各サービスのデメリットは?

ペットホテルのデメリット

・ノミ・ダニだらけになっていた。

・臭いがドックフードや糞臭くなった。

・家に帰っても落ち着かない。吠えるようになった。

・ベッドや家具に粗相をするようになった。

ペットホテルによっては、預かっている間ずっとケージの中で掃除もままならず衛生環境が悪いペットホテルもあります。他のワンちゃんが吠え続けている環境ではストレスにもなり、ご飯食べない子やトイレしない子もいるみたいです。それが続くと病気なる危険も出てきます。ペットの性格によるところが大きいですが、その子にあった環境(個室など)を選んであげましょう。

ペットシッターのデメリット

・ ペットシッターさんの働いてる様子がわからない。

・見えないので、留守中の自宅に入られるは不安。

・カルテを作成するだけで料金がかかる。

・当日、お世話依頼ができない

・鍵を預けるのが面倒

・ペットシッターさんのお世話の時間以外、ペットに何かあったらどうしよう。

ペットシッターさんの働いてる様子が見えないので、実際にお世話てくれているか不安になるは当たり前だと思います。また、留守中に何されるか分からないという不安もあるかと思います。そういった方はペットカメラを付けるようにしましょう。ほとんどのシッターさんはしっかりお世話して頂けると思いますが、性善説に立って行動してしまうと後悔する例もありますので、ある程度の予防線をとっておくことも必要です。例えば貴重品は金庫に入ってほしくない部屋には鍵を付けるなど対策しましょう。

 

ペット緊急時駆けつけサービス『わんにゃんコール』のデメリット

緊急の時にしか駆けつけないので、通常のお世話には対応していない。お世話まで必要な方はペットシッターと併用して利用しましょう。 地域(茅ヶ崎・藤沢・平塚)が限定されている。

ペット緊急時駆けつけサービス『わんにゃんコール』はペットシッターとの組み合わせで最大限の効果が得られます。

1泊2日程度のお留守番ならごはん・お水やトイレを多めに用意しておけば留守番できるよ!との意見が多いので『わんにゃんコール』だけで十分でしょう。特に猫は自分のテリトリに入られると警戒されることがあるのでペットシッタが来るだけでもストレスになる猫ちゃんには最適でしょう。ペットホテルやペットシッターで1泊2日お願いした場合の料金とわんにゃんコールの年間利用料がほとんど同じ料金で利用できます。わんにゃんコールの方がいつでも見守り駆けつけサービスが利用できるのでお得です。

それでも、ちゃんとお世話もしてほしいという方は、ごはんや散歩、トイレの掃除はペットシッターにお願いして、ペットシッタがいない時間はペット緊急時駆けつけサービス『わんにゃんコール』でペットを見守ることで、万が一の対応が可能になります。環境の変化に弱いペットや深夜スタッフがいないペットホテル比べると安心できるでしょう。また、ペットシッターの仕事ぶりもペットカメラで監視することが出来るのも一石二鳥です。まだ加入されてない方はこの機会に加入されてみてはいかがでしょうか。

緊急時駆けつけるペット見守りサービス「わんにゃんコール」

 ペットホテルはこちら

 ペットシッターはこちら